GLAY 佐久間正英プロデュースのロックバンド 黒でも白でもないグレー

GLAYのおすすめな曲
スポンサーリンク

GLAY おすすめな曲。GLAYさんといえばXJAPANのYOSHIKIさんプロデュースでデビューしたのは有名ですが、その後、佐久間正英さんプロデュースとなり、さらにその後の「DARKRIVER」以降のプロデューサーは亀田誠治さんです。っていうかXjapanのYOSHIKIさんプロデュースといえばrevenusさんも。

私の中のイメージなんですけど、昔のGLAYさんは歌詞の中で相手の女性のことを「オマエ」と歌うことが多かったような気がします。同じ時代のLArc-en-cielさんは「あなた」、SOPHIAさんは「キミ」が多かったような気がするかな。

でも、GLAYさんも今では「あなた」が多くなってきたような気がします。男女雇用機会均等法やなんやらで女性差別が問題となり、男尊女卑が薄れつつある今の世の中に対応してきているようなかんじなのかな。

スポンサーリンク

GLAY メンバー

  • TERU(小橋照彦)
  • TAKURO(久保琢郎)
  • HISASHI(外村尚)
  • JIRO(和山義仁)

TERUさんは、声を聴くだけでTERUさんだってわかるような他にはない独特の声ですよね。TERUさん以外にGLAYさんのボーカルは考えられないってくらいなかんじです。もともとボーカルじゃなかったってのが信じられないくらい。あとパフィーさんと結婚してるんですね、それにもビックリ。

TAKUROさんは、なんかいつも作曲しているイメージ。

HISASHIさんは、TAKUROさんとはかなり違う感性っていうか作曲するとかなり独特な曲になりますよね。「eye」とか好きです。いつも髪の毛がツンツンしているイメージ。

JIROさん、私の中では一番不思議です。和山義仁さん、なんでJIROさんになったのかな?あとはなんかもうシャッタースピードで「へいまーん!」って歌ってるってイメージしかないかな。

私が持っている「SPEEDPOP」というアルバムにはメンバーとして、ドラムの方が記載されていましたけど、次の「BeatOut!」というアルバムではドラムの方はいなくなっていました。その間に何があったのかな?そんなGLAYさんの星の数ほどある曲の中での私の好きな曲(オススメな曲)です。

GLAYのおすすめな曲

PURE SOUL

PURE SOUL」というアルバムの6曲目です。不動の1位です、動かずです。昔からずーっと一番好きな曲。なにより歌詞が素晴らしいですね。一人で部屋で電気消して聴いたりなんかしてたらヤバいです。泣いちゃうんじゃないっ?

賽を振る時は訪れ 人生の岐路に佇む

大人になればなるほどこの曲は好きになってくかんじがするかな。大人になればなるほど、周りに馴染むために周りの人に合わせたり、ムリに話を合わせたり、本音と建前つかいわけたり、その中で時にはウソもついたりするし、ピュアな心を無くしてくからかな。

♪夜明け前 独りで高速を走った

過ぎゆく景色 季節 憤り すべてを越えてみたくて

私も走りたいです。何も考えずボーっと夜の高速を。なんか気持ちよさそうですよね。夏の夜とかさ。車持ってないですけど。

逢いたい気持ち

GLAY / 逢いたい気持ち

シングル曲です。壮大ってかんじ。ヤバいです。泣けます。

この曲を初めて聴いたトキ、どうやったらこんな曲を作れるんだろ?って感動した覚えがあります。サビのキラキラ感ヤバいです。良い曲なんてレベルじゃないですね。めっちゃ好きです。失恋したときとかに合いそうなかんじ。こんなにステキなバラードなかなか無いような。

Father & Son

「UNITY ROOTS & FAMILY,AWAY」というアルバムの10曲目です。私も早くに父を亡くしているので、この曲はけっこう胸にグサリときますね。

あなたが愛した母(ひと)は今も元気でいる

感謝の気持ちは思ってても、ハズかしくって親にはナカナカ言えなかったりしますけど、私も心の中ではいつも思っています。

May Fair

「PURE SOUL」というアルバムの3曲目です。この曲を聴くとなにか新しいことを始めたいなぁ。っていつも思います。どこか遠くへ行きたいなぁとか。新しい生活を初めてみたいなぁとか。思うだけで何も始められてないですけどね。でも、この曲にはそーゆうふうに思わせる力があります。

未来は希望に満ち溢れているっ!かもしれない?なんて期待を抱かせてくれるステキな曲です。人生において、常にそーゆう逃げ道を一つ作っておくというか、別の可能性を残しておくっていうことはいつでも必要ですよね。ツラいことがあったら逃げなきゃ。

都忘れ

「BELOVED」というアルバムの中の11曲目です。雪が降ってくる光景が目に浮かんできます。やっぱりGLAYさんはバラードが良いなーって思える曲ですね。ただ、この曲を聴く度、SOPHIAさんのキーボードの「都啓一さん」を思い出してしまいます。癌になったというような記事を見た覚えがあるのですが、今は元気でいるのかな‥

Savile Row 〜サヴィル ロウ 3番地〜

「HEAVY GAUGE」というアルバムの12曲目です。この曲を聴いてると、なんかもう今の生活のすべてを投げ出して、どこか旅に出たくなりますね。GLAYさんの曲の希望に満ちた感すごいですね。人生って何歳までやり直すことができるのかな?そんなことを考えてみたりもします。

なんていうか昔を懐かしむ気持ちになりますね。あの頃は良かったなぁ。なーんて浸れるようなそんな曲。それは私の人生が今より昔の方が輝いてたからかな?私が勝手にGLAYさんベストアルバムを作れるとしたら、この曲は絶対にラストにします。やっぱり最後はこれで決まりでしょ。

BELOVED

GLAY / BELOVED

とにかく歌詞が素敵です。久保琢郎さんスゴイですね。

やがて来る それぞれの交差点を 迷いの中

立ち止まるけど それでも人はまた歩き出す

この頃のGLAYさんが私的には一番好きかな。泣けるような曲が多いですね。

月に祈る

「BEATout!」というアルバムの6曲目です。

これを聴くとGLAYさんもヴィジュアル系バンドなんだなーってかんじがします。歌詞もまさになんかちょっと前のヴィジュアル系ってかんじ。

BE WITH YOU

GLAY / BE WITH YOU

シングル曲なので、相当に有名ですよね。とにかく歌い始めの歌詞のインパクトがものすごいです。

あなたに会えたこと 幸せの後先

「幸せの後先」という言葉の意味は今でもわからずにいますけど、曲は好きです。初めて聴いたトキはぜんぜん好きくなかったんですけど、実はクオリティ高くないっ?的なかんじで、聴けば聴くほどに好きになりました。

「幸せの後先」ってなんなのかな?

Believe in fate

「グロリアス」というシングルの2曲目です。歌詞はあんまり好きではないんですけど、とにかく曲がカッコ良いっ!どこがサビかよくわかんないです。でも、とにかくカッコ良いっ!

恋の行方は今フラフラと~

ってとこ好きなんですけど、ここってサビなのかな?

GLAY 佐久間正英 プロデュース

こうやって好きな曲ばかり並べてみると、やっぱりGLAYさんは良い曲が多いなぁ!と思いますけど、最近のGLAYさんはあまり聴いていません。GLAYさんは今も昔も変わらず良い曲を作り続け、活躍し続けているとは思うんですけど、受け取る側、私の問題なのかな。花の色はうつりにけりないたづらにじゃないですけど、私の心が変わってきているのかな。

今のプロデューサーである亀田誠治さんもとても素晴らしい方だとは思うのですが、私の中では、ナゼか「佐久間正英さん」プロデュースのときのGLAYさんと、今の「亀田誠治さん」プロデュースのGLAYさんがあまりリンクしません。

なんかどこか違うバンドというようなかんじがしてしまいます。そして、「佐久間正英」プロデュースの時代のGLAYさんの方が私は好きです。

GLAYにまつわる思い出

昔、好きだったひとがGLAYさんの大ファンでした。私はそんなにGLAYさんを好きではなかったんですが、その人に近づきたくてGLAYさんのCDを聴きまくりました。

「GLAYでどの曲が一番好き?」と聞かれたときに私は「一番好きな曲は[都忘れ]です。」と答えたことを今でも昨日のことのように覚えています。

その後、その恋は実ることもなくその人はイビデンというとても大きな会社に就職が決まり離れていってしまいました。好きだといえなかったこと。その時は悲しかったですね。

あれからずいぶん時間は経ち、そのひとは結婚しました。私もさすがに今はそのひとのことを好きではありません。でも、GLAYさんの曲を聴くとなぜかその頃のことを思い出します。昔の恋はいつまでも色褪せないものなのかな。

『どこまでも澄んだ君の瞳 降り注ぐ雪が舞う』