卒業ソング – その言葉を聴くだけでいくつになっても悲しいなぁ

 卒業ソング 。毎年、2月も半ばころになってくるといつも思うモノカナシイかんじ。4月からの新生活に向けて、新しい始まりに対するドキドキする胸の高鳴りよりもそれよりも別れの季節っていう方が強くって、寂しく感じてしまいますね。

卒業ソング TOP5

さよならマイデイズ / Sweet Vacation

 作曲家:早川大地さんとボーカルMayさんのSweetVacationさんの曲です。

特に最後のサビ前

la la bye my days さよなら言えないままで

キミが想い出に変わってく

 このあたり何回、聴いても鳥肌たちます。ラストに向かっての盛り上がり感ハンパないです。ヤバいです。

舞い落ちる花のように 短い季節を駆け抜けた

 聴いてるだけで、出会いや別れを思い出して泣けます(´;ω;`)

Hide cut out

 意味はわかんないですっ!私は英語が苦手なのでっ!

 でも、この曲は卒業ソングなかんじがしますっ!聴いてるだけでめっちゃ泣きそうなりますっ!

 聴いてみるとわかると思いますけど、ヤバいくらいにめっちゃ良い曲です。

 動画を観てるとなんか雰囲気的に誰かメンバーが卒業するようなかんじなのかな。そーゆう意味での卒業ソング的な?\(^o^)/

Teenage~卒業 / Raphael

 癒しの天使Raphaelさんです。

 卒業の歌というと、想い出のある学校や友達との別れで悲しいなぁ。という曲が多いような気がしますけど、Raphaelさんのこの曲はちょっと一味違います。

思い描いた理想は叶わぬまま この日を、、、

不満だらけの想い出 それも今日は、、、

 リア充ではなかった私にはこっちの方がしっくりくるっていう、、、(`・ω・´)

苦しかった事 悲しかった事

この日の喜びに全てを変えて

僕は強くなったから この日を迎えられたから「いまから」

 Raphaelの華月さんはスゴいですね。こんな卒業の歌を作れる人ナカナカいないんじゃないかな。

see you / 黒夢

 私は黒夢さんはあんまり知らないんですけど、この曲だけは知っています。

卒業の二人のように 約束さえ交わせない

 めっちゃサワヤカです。聴いてるだけで、卒業の切ないかんじめっちゃ伝わってきます。どっちかっていうと桜の散っている時に聴いてる方が雰囲気でるようなかんじ。

卒業の歌、友達の歌

 「19」さんというもうすでに解散されている方達です。

 作詞:326、作曲19。なんかもう数字ばっかりですね。っていうかそもそもこの「19」さんのメンバーっていうのは、『326さん』も含まれているのかな。

 歌詞はそんなに私は好きではないですけど、ささやくようなかんじの始まり方から切ないかんじめっちゃスゴいですね。夜に一人で聴いてたりなんかしたら、雰囲気ありまくりでちょっとヤバいかも知れないですね。