進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 映画の感想というかレビュー

進撃の巨人

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN という映画を観ました。マンガの進撃の巨人は26巻くらいまで読んだことはあって、私的には調査兵団兵士長のリヴァイが好きで読んでたんですけど、ストーリーが進むごとになんか、え?マジで?巨人ってそんなふうに出来たモノだったの!?

キングダム 桓騎とオギコは長生きしてほしいなぁ。最強は誰?羌瘣かな
キングダム 桓騎とオギコ長生きしてほしいです。キングダムという漫画なんですけど、トーキョーグールでホント何年振りかにマンガに夢中になってしまいました。マンガって良いですね。マンガ大好きな友達に「なにか面白いマンガを教えてっ!TOP3!みたい...

ウーン。って展開になってったけど、それでも最初の方はけっこうおもしろかったので実写版の映画を観てみたいなぁと思いました。

進撃の巨人 公式サイト
単行本累計部数7,600万部を突破! 別冊少年マガジン連載 『進撃の巨人』 の公式サイト。

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN

シキシマって誰?もうホントにマジでこれしかなかったです!インパクト強すぎ。マンガで一度も見たトキない名前の人です、シキシマ。シキシマって誰?なんか話の流れ的に、このシキシマって人はリヴァイなのかなー?みたいなかんじもしますけど、性格はぜんぜん違うし、巨人になっちゃうし。なんかミカサと良いかんじになっちゃってるし。

っていうか、これだけでなんかもうヤバそうな雰囲気ぷんぷんするんだけど、ミカサも相当にヤバいです。え?誰?「思い出は捨てた」とかミカサがそんなこと言っちゃっていいの?ってかんじ。ミカサはエレンのために生きていくみたいなコじゃなかったけ。エレンじゃなくってシキシマと良いかんじの仲になっちゃってるし。ミカサって名前が同じだけで中身はぜんぜんベツモノじゃん。

ストーリーもやばいですね。原作のマンガに合わせてく気ゼロなのかな。え。進撃の巨人ってそんなstoryだったっけ?ってマンガを見直しちゃうレベル。

これは酷評の嵐っていうのも仕方ないかなー。だって、進撃の巨人って名前だけで中身はまったくベツモノだもん。原作のマンガが好きでその実写を期待してる人たちには裏切られた!って思われても仕方がない。っていうかシキシマって誰?これに尽きる。

ミカサもマンガの進撃の巨人では超がつくホドの重要キャラクターなのにそれを設定いじくりまわして、シキシマとくっつけるとかシンジラレナイ。あのシーンは観てて不快だったなー。マンガではミカサはエレン大好きなハズなのに。あれはナイ。ミカサファンぜんぶを徹底的に敵に回したかんじ。実写版のあのミカサを観てミカサを好きになる人なんていなくない?ってくらいに不快な性格してる。

そんな悪いとこしかないような映画の進撃の巨人だけど、良かったところといえば、巨人のCGが意外と気持ち悪くて良かったかな。超大型巨人もけっこう良いかんじに観えてたような気がするかな。ただ、シキシマの巨人が意味不明。あれはなんの巨人なのかな。女型の巨人じゃないよね。鎧の巨人ともちょっと顔が違うような気がしたし、っていうかそもそもリヴァイ兵士長を巨人にしちゃダメでしょ。